【18冬 E4丙掘り】Jervis(ジャービス)・大東掘り「サマール沖 その先へ――」

18冬イベ前半最終海域E4丙での掘り周回についてまとめました。

E4ボスでは新艦「Jervis」「大東」に加え、イギリス艦の「Warspite」「ArkRoyal」もドロップします。(管理人Warspite2隻目確認)

E4は甲作戦では道中大破率が高いとの報告が多く、甲掘りはかなりキツイので、今回は丙難易度リセット掘りで周回しております。

E4丙リセット掘り手順

E4丙堀りはリセットの度に、ギミック発動の手間がかかるのが難点。

ただし、Nマス到達は潜水艦のみでも簡単にできる
潜水艦は1隻でもOKだが、確実性をあげるなら4隻以上で開幕雷撃威力強化・警戒陣選択可能にしておくとよい。

FマスとHマスに基地航空隊を出して水上艦を殲滅。
MマスのPT子鬼群は警戒陣でやり過ごす。

ボスゲージは最低7回目で破壊可能となる。
つまり、6回ボスを撃破する度に、難易度リセットをしなければいけない

ただし、今回追加された「丁作戦」に難易度を下げれば、ゲージを回復させつつギミック発動状況を維持できるので、ギミック発動の手間を減らしたい人は利用しておこう。

仮に、ゲージ割りそうになった場合、ボスが最終形態時に変化しているので、夜戦に突入せずに逃げればセーフ。昼で終わることは稀。

E4丙掘り周回のポイント

編成ポイント

丙堀りには最短ルートを利用。
最短ルート条件は以下の通り。

  • 史実艦(栗田艦隊)6隻以上(乙8、甲10)
  • 低速艦は3隻まで

栗田艦隊にカウントされる艦は以下の通り。

栗田艦隊

戦艦 大和、武蔵、長門
重巡 愛宕、高雄、摩耶、鳥海、妙高、羽黒
軽巡 能代
駆逐 島風、早霜、藤波、沖波、長波、朝霜

栗田艦隊1YB第二部隊(鈴木艦隊)

高速戦艦 金剛榛名
重巡/航巡 利根、筑摩
航巡/軽空 熊野鈴谷
軽巡 矢矧
駆逐 浦風、磯風、浜風、雪風、野分、清霜

丙掘りでは資源節約の関係から消費の軽い「金剛」「榛名
制空値関係で編成の幅が広がる「鈴谷」「熊野」がオススメ

※ただし、丙は札制限がないためE3で使った軽空も組み込めるので、鈴熊に拘る必要もない。

道中・基地航空隊

ボス前のRマスの戦艦6隻の連合艦隊編成が厄介。
丙掘りでもこのマスの安定度を重視して、艦隊運用を考えたい。

基地航空隊は1部隊はRマスに送っておくと良い。

また、ボスマスでは夜戦突入前に友軍艦隊が到着する。

友軍艦隊は夜戦で敵を削ってくれるが、丙作戦ではやや火力過剰気味

丙のボス編成はそんなに強くないので、夜戦前にボス以外は全部落とせる。
(強いて言えば、敵第二艦隊の旗艦ネ級が落ちない程度だが、友軍艦隊の夜戦攻撃で追撃できる)

なので、基地航空隊をすべてRマスに送り、道中の安全を確保するのもあり

私はどちらも試したが、

バケツ節約重視+ボスS安定度重視→基地航空隊Rとボス、本隊戦艦多め

資源消費重視+ボス到達率重視→基地航空隊Rマス集中、本隊重巡多め

で、それぞれ自分の艦隊状況に合わせて使い分けるといいだろう。

18冬E4攻略編成例

第一艦隊

重巡2(安定度重視なら戦艦)
戦艦2(史実艦枠で金剛・榛名オススメ)
軽空母2(鈴谷・熊野、あるいは小沢艦隊札付きの軽空母)

最初は戦4軽空2だったが、火力過剰に感じたので、この編成に落ち着く。
鈴谷・熊野航改二1隻を、艦攻ガン積みで第2艦隊に配置して、開幕火力を上げるのもありかも。

第二艦隊

駆逐3(秋月型1隻いると安心)
軽巡(予備阿武隈・由良いないなら矢矧・能代)
雷巡2(うち1隻予備艦)

第二艦隊は、開幕雷撃と夜戦ボス撃破以外は、ほぼ仕事なし。
北上魚雷は開幕火力上げであって、カットイン狙いではないので注意。

基地航空隊

陸攻ガン積み

Rマス集中orRマス+ボスマス。
ギミック発動時はそのままFマス+Hマスに出撃。入れ替え面倒なので。

管理人の掘り状況

通算26回ボスS勝利(ゲージリセット4回)で「Jervis(ジャービス)」確保で終了。

おまけで大東2隻目とWarspiteまでついてくる。

資源消費は燃料3.5万、弾2万、鋼1万、ボーキ1.3万、バケツ60ほど。

後段作戦の情報次第だが、英艦堀りにはE4丙堀りが一番楽なんじゃないかな。1出撃15分ぐらいかかるけどね!

コメント

  1. 匿名 より:

    丙掘り編成参考にさせていただいて今絶賛周回中です。
    乙で突破してからと最初は考えていたんですが、
    この難易度では無理だと判断しました。

    記事ありがとうございます。