【3-5】準下ルート水母航巡軽3駆編成【北方任務消化・軽巡育成】

3-5

水母・航巡・軽巡3隻・駆逐による下ルート編成。1マス目は北にもいきますがその後は確定で下ルートへと行きます。
3-5の特徴は上下分岐が艦隊編成の重さによって変わるところにあります。
しかしそれ特定の艦種が既定数以上いると羅針盤の向きが確定するだけであり、その他は艦種の比率による確率で決定しているみたいです。
この編成はその法則を上手く活用し、大破撤退率とボス突破率を上げつつ羅針盤による運要素をある程度抑えた合理的な編成だと思います。
唯一の難点が稀に中央マスへと逸れ、潜水艦・空母・戦艦というこの攻略編成に最悪の相性の敵部隊に一方的に嬲られてしまうことです。
とはいえ、この編成はボス突破時にもボロボロになって帰ってくることが多いので基本的に帰還時の損害は大きいという心持ちで出撃しましょう。

装備については、軽巡は昼連撃・夜戦連撃・索敵値確保の出来る主砲主砲水偵装備です。
駆逐艦はボスマスで中破以上の状態が多いので
・道中の昼戦火力重視の主砲ガン積み
・東2戦目の軽空母を警戒して対空カットイン
・ボスマス夜戦火力に期待して魚雷カットイン
という選択肢があります。どれもそこまで大きな差が出るとも思わないので好みでどうぞ。
水母と航巡ですが、この編成では東2戦目で制空権奪われないように瑞雲12型を積んでますが、水母の装備を試製晴嵐、甲標的、甲標的にして開幕威力上昇に当てる方が道中の大破率は減ると思います。