【17秋 E4甲攻略 ボス攻略】「あの海峡の先へ――」ボス攻略【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)】

―――バカね、
その先にあるのは、本当の地獄よ

17秋E4甲ボス攻略概要

マップギミック発動後、いよいよボスとの戦闘が可能となる。

マップギミック第1段階→【17秋 E4甲攻略 MAPギミック1】

マップギミック第2段階→【17秋 E4甲攻略 MAPギミック2】

ボス攻略(西村艦隊ルート)

本記事では下開始・西村艦隊最短ルートを使用。
道中8戦(うち、夜戦4マス)という歴代最高のボリューム。

そして、ボスは13秋以来となる払暁戦

攻略のポイント

管理人がクリアして、もっとも重要だと思った攻略ポイントは以下のとおり。

  • ゲージ削り時は道中安定重視でOK。基地航空隊と本隊の固定ダメージだけで削る
  • 潜水マス・空襲マス・夜戦マスはすべて警戒陣でやり過ごそう
  • Sマス・ボスマスは単縦陣
  • ゲージ破壊可能時は、扶桑・山城の弾着観測射撃でなければほぼ無理
  • よって、航空優勢以上をとるために水戦の積み方がポイント。第1ゲージ破壊時は最上に4スロット積んでおかないと、優勢がとれないこともある
  • 第2ゲージは第1ゲージよりかは楽に割れるが、それでもかなりキツイ

とにかく、一つ目のゲージ破壊がかなりキツイ

魚雷カットインぶち当てとけばどうにかなった今までのボスとは違い、しっかり勝ち筋を考えて艦隊編成しなければ、ゲージを割れずに何度も出撃するハメになる。

ボス編成

前述の通り、夜戦開始(払暁戦)の対敵連合艦隊。
自軍の夜戦攻撃順は射程の長い順。
敵軍は第二艦隊→第一艦隊の順に射程の長い艦から。

支援艦隊は砲撃支援は夜戦開始時、航空支援は昼戦開始時。
基地航空隊は昼戦開始時。

第1ゲージ削り時

第1ゲージ・ラスト

今イベ最大の難関ポイント。個人的に一番ラスダンで沼った敵でした。

第二艦隊に防空埋護姫が現れ、こちらの攻撃をダイソンしてきて厄介。
おまけにPT子鬼もいるので、運が悪いと夜戦連撃が吸われまくるハメになる。

第二ゲージ

削りとラストで編成は変わらない。
第1ゲージよりも楽。

E4甲ボス攻略編成(西村艦隊)

ゲージ削り時

第一ゲージ破壊時

第二ゲージ破壊時

下開始最短ルートは「西村艦隊6隻以上」「空母・補給艦なし」などが条件。

管理人は西村艦隊7隻による編成で攻略

志摩艦隊札ルートによる「戦6潜1」や、西村艦隊ルートに1隻潜水を混ぜてデコイさせる戦略も出てきているので、効率よく攻略したいなら西村艦隊に拘る必要はない

扶桑・山城の補強増設女神はついカッとなって。第二ゲージ削り時に一回のみ使用。余裕があるなら、扶桑・山城だけでも穴女神があると楽。

護衛退避について

ゲージ削り時は「遊撃部隊 艦隊司令部施設」とを使い、護衛退避を利用してボス到達率を上げる。基地航空隊と本隊の固定ダメージだけでゲージは削れるので、とにかくボスにたどり着くことを重視。
ただし、Sマスまでに使うとRマス(夜戦マス・敵戦艦編成)に逸れる。また、索敵不足だと「Y→Z7」に逸れる。駆逐艦一隻の退避なら索敵値不足にはならないので、護衛退避はYマス以降、水偵(紫雲、水偵熟練などの高索敵値機)持ちはZ9マス以降にしておこう。

水戦について

ゲージ第1段階なら、3~4機ないと航空優勢がとれない。また、道中の空襲マスや通常戦マスでの制空喪失を防ぐなら2機以上は欲しい。

第1ゲージボス破壊時は最上に4機乗せておかないと、道中の自軍の艦載機撃墜状況や基地航空隊による敵艦載機の損耗具合によって、航空優勢がとれない

前述の「扶桑・山城の弾着観測射撃でないとボス撃破が困難」という事情もあるので、第1ゲージ破壊時は最上に水戦4機積んでおくことを推奨。

駆逐艦の装備について

道中の空襲マス・夜戦マス対策で「照明弾」「13号電探改(秋月砲と併用)」は外せない。

探照灯」は一長一短。警戒陣だと夜戦マスでの敵カットンかなり回避(カスダメ)してくれるので、回避率の下がる探照灯は微妙…だと感じた。ただし、ボスマスが夜戦開始な上、決戦支援撃ち漏らしの敵第二艦隊がカットイン連発してるので、ボスマスでの安定重視なら探照灯もありか。

熟練見張員」はPT子鬼群対策。命中率+50%ほどらしい。とくに道中の単縦陣PT編成のカットインは大破撤退要因になるので、旗艦に駆逐艦を採用する場合は見張員でPT子鬼を確実に掃討しておきたい。ボスマスについては、決戦支援でPT子鬼を落とすか否かなので、お守り程度。

基地航空隊・支援艦隊

ゲージ削り時はIマスに潜水哨戒部隊を送っておくと1マス目撤退でハゲ上がらないで済む。ただし、警戒陣の回避率でやり過ごせるため、無理に潜水哨戒部隊を送る必要もない。

その他は陸攻ガン積み部隊をボス集中でOK。ボス戦昼以降時に撃ち漏らしの戦艦やボスに集中攻撃してくれる。

支援艦隊は道中・決戦ともに砲撃支援。
決戦支援はボスへの固定ダメージ期待で航空支援もありと思って試したが、ボス夜戦開始時に敵・駆逐PT子鬼を落とせると敵カットインの回数を減らせるので、砲撃安定。

管理人所感

ボス撃破の難しさはともかく、道中がどのマスも大破撤退のリスクがあり、歴代最難関マップだと言ってもいいぐらいでした。

西村艦隊以外での攻略も上がってきているので、こだわりがないなら西村艦隊を使わないのもあり。とくに「志摩艦隊札付き戦6潜1」「西村艦隊6潜1」あたりは、聞いただけ「あ、それ確かに楽そう」と思うレベルなので。

個人的には「西村艦隊での攻略縛り」「装備の配分」「基地航空隊・支援艦隊の運用の仕方」「陣形の選択」あたりで詰めていく過程が楽しかったので、その点でよく出来たマップだったなあ…との所感です。

人気の記事

コメント

  1. 匿名 より:

    攻略お疲れ様です!

    質問なのですが、航空戦マスは警戒陣か輪形陣かどちらがいいのでしょうか

    他の方の記事だと逆だったりするので…警戒陣を選んだ理由を

    できれば教えて欲しいです

    • さもん提督 より:

      正直、どちらでも構わないかと思います。
      私はぶっちゃけ気分で選んでます。
      私の基準としては「航空優勢以上なら輪形、そうでなければ警戒陣」ですね

      内部データ・計算式を参照するなら「輪形陣」でいいじゃないでしょうか。

      輪形陣は対空の陣形補正1.6倍なのに対し、警戒陣の陣形補正(艦隊防空のみにかかる係数)1.1倍だそうです。

      西村艦隊での空襲マス2マスは敵で弱編成引くことを祈るだけ+本隊の制空値がそこまで高くないので撃墜数にあまり期待できない…ので、どちらでもいいかと。

      計算ガバガバですので、敵艦載機の撃墜数増やせる計算なら輪形陣の方がいいのではないでしょうか。
      輪形でも警戒でも当たる時は当たって一発大破なので…。