これだけは優先して改修しておきたい!おすすめ装備10選【改修工廠】

11/4アップデート後の現在、計60もの装備が改修可能です。

種類が多く、どの装備から改修すればいいか迷われている方もいらっしゃるかと思います。

そこで私の経験や各所の評価から、特に優先して改修を進めたい装備を選定してみました。
消費する改修資材や装備、改修可能曜日など必要な情報も記していますので是非ご参考ください。
改修におけるステータス上昇値はゲーム内で明かされていませんが、検証によりおおよその上昇値は判明しているため、下記のサイトを参考に現在通説とされている数値を使用しています。

艦隊これくしょん -艦これ- 攻略Wiki
艦これ検証Wiki
明石の改修工廠早見表

検証されている方々や、検証データをまとめていらっしゃる方々には頭が上がりませんね。
この場を借りて感謝いたします。

もくじ

優先して改修したい装備10選リスト

10cm高角砲+高射装置

装備ステータス(★MAX時上昇値)
火力+3(+3.16)
対空+10(+2.2)
命中+1(+3.16)
回避+1

解説

駆逐艦の装備できる小口径主砲で最大の火力・対空を誇り、おまけに命中と回避もつく。
高射装置内蔵なので対空カットインの発動条件も満たしやすい。
また改修値により対空カットイン率が僅かに上昇するのでは?という検証結果も出ている(参考:艦これ検証wiki 対空カットイン発動率検証)。
同火力で改修可能な「12.7cm連装砲B型改二」と比べると改修資材の消費が多い。
しかし、あちらは★6以降は同名装備を消費する。また、火力以外のステータスではこちらに分がある。
★MAXまでの合計消費

★MAXまでの合計消費

確実化なし全成功時 ★6以降確実化時
改修資材 34 46
開発資材 55 66

消費する装備:10cm連装高角砲×8(全成功時)

改修可能曜日
毎日改修可能
改修可能曜日
担当艦
秋月/初月 × × ×
照月 × × ×
装備の入手性
△量産には大型建造・牧場・上位更新などが必要
  • 秋月型および同改(現状イベント海域でのみドロップ)の初期装備
  • 94式高射装置の改修による上位装備への更新

改修で消費する資材・装備
  • 消費資源   10/60/150/50
  • 消費改修資材 ~★6:3/4 ★6~:4/7
  • 消費開発資材 ~★6:6/7 ★6~:5/8
  • 消費装備   ★6~:10cm連装高角砲×2

20.3cm(3号)連装砲

装備ステータス(★MAX時上昇値)

火力+10(+3.16)
対空+4
命中+0(+3.16)

解説

中口径主砲で最も火力が高く、軽巡・重巡のメイン装備として活躍できる。
改修値込みの命中で言えば「20.3cm(2号)連装砲」が上。
改修なしでの比較なら「SKC34 20.3cm連装砲」は同火力で命中+3・対空-2のため、もし改修可能となった場合は「SKC34 20.3cm連装砲」が命中面で優位となる。
ただしその2つにはない「重巡に装備すると夜戦時において命中・回避上昇」という効果があるため、中口径装備の改修はこの装備を優先したい。問題は★6以降の改修に同装備を要求されるため量産が難しい所。
主な入手手段は牧場となるが、衣笠改二(Lv55で改造可能)は要求練度が高く、三隈改(Lv30で改造可能)は要求練度は低いもののドロップ率に難がある。
同装備が揃わない段階では★4(火力・命中+2相当)で留めておいたり、2号砲★7と3号砲★6を組み合わせる(火力・命中+5相当)などして運用しよう。

★MAXまでの合計消費
  • 消費する改修資材 24/32(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する開発資材 30/38(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する装備   20.3cm(3号)連装砲×4(全成功時)

改修可能曜日
火水 三隈

装備の入手性
△量産には大型建造・牧場・上位更新などが必要
  • 三隈改・衣笠改二の初期装備
  • 利根改二・筑摩改二の初期装備(要設計図)
  • 20.3cm(2号)連装砲の改修による上位装備への更新

改修で消費する資材・装備
  • 消費資源   10/110/140/0
  • 消費改修資材 ~★6:2/3 ★6~:3/5
  • 消費開発資材 ~★6:3/4 ★6~:3/5
  • 消費装備   ★6~:20.3cm(3号)連装砲

38cm連装砲改

装備ステータス(★MAX時上昇値)

火力+17(+4.74)
対空+2
命中+3(+3.16) 回避+1

解説

35.6系統の大口径主砲では最も命中が高い。
過積載ペナルティが生じない為、全ての戦艦に命中重視の砲として積める。
とくに命中率の低い連合艦隊水上打撃部隊の第一艦隊における効果はでかい。
最近では「試製35.6cm三連装砲」「38.1cm Mk.I/N連装砲改」など優秀なライバルも改修可能となった。
どちらもネジ消費は同程度で火力・命中±1~2と悩ましい差ではある。
「試製35.6cm三連装砲」は41cm連装砲を消費しないため「試製41cm三連装砲」「16inch三連装砲 Mk.7」などの改修も同時に進めたい方にはおすすめ。

★MAXまでの合計消費
  • 消費する改修資材 34/42(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する開発資材 54/66(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する装備   41cm連装砲×14(全成功時)

改修可能曜日
日月火 Bismarck(twei・dreiでなくてもOK)

装備の入手性
△量産には大型建造・牧場・上位更新などが必要
  • Bismarck drei初期装備(大型建造限定艦、設計図2枚消費)
  • Bismarckの初期装備である38cm連装砲の改修からの更新で★3の状態で入手可能

改修で消費する資材・装備
  • 消費資源   30/390/470/30
  • 消費改修資材 ~★6:3/4 ★6~:4/6
  • 消費開発資材 ~★6:5/7 ★6~:6/9
  • 消費装備   ~★6:41cm連装砲 ★6~:41cm連装砲×2

試製41cm三連装砲

装備ステータス(★MAX時上昇値)

火力+22(+4.74)
対空+5
命中+2(+3.16)

解説

 「16inch三連装砲 Mk.7」と比べると火力-2・命中-2・装甲-1・対空+2。
能力的には「16inch三連装砲 Mk.7」に分がある。
しかし「入手が限られている」「資源やネジ消費が重い」「★6以降46cm三連装砲を3基も消費する」などコストが重く、「16inch三連装砲 Mk.7+GFCS」への更新および改修まで視野に入れるとネジ課金や大型建造並の資源消費を要求されるためエンドコンテンツとしての側面が強い。

★MAXまでの合計消費
  • 消費する改修資材 44/56(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する開発資材 62/70(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する装備   41cm連装砲×24(全成功時)

改修可能曜日
毎日改修可能
日月水木 長門改
火水金土 陸奥改

装備の入手性
△量産には大型建造・牧場・上位更新などが必要
  • 扶桑改二・山城改二の初期装備(要設計図)
※41cm連装砲からの更新は不可

改修で消費する資材・装備
  • 消費資源   40/440/620/40
  • 消費改修資材 ~★6:4/6 ★6~:5/8
  • 消費開発資材 ~★6:5/7 ★6~:8/10
  • 消費装備   ~★6:41cm連装砲×2 ★6~:41cm連装砲×3

九一式徹甲弾

装備ステータス(★MAX時上昇値)


火力+8(+3.16)
命中+1(+3.16)

解説

 戦艦の装備としてまず採用する徹甲弾はなるべく早めに改修を進めておきたい。
コストの低さが魅力な上、★MAXを量産した後はより強力な一式徹甲弾改修素材としても利用できるため、上位互換装備追加により腐ることもない。
★6以降は同装備を消費しての改修となるが、確実化なしでネジ消費1なのも嬉しい。

★MAXまでの合計消費
  • 消費する改修資材 10/14(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する開発資材 24/32(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する装備   九一式徹甲弾×4(全成功時)

改修可能曜日
水木金土 比叡
金土日月 霧島

装備の入手性
○ 開発可能
  • 開発可能。レシピは10/30/90/10や大口径主砲も同時に狙える10/251/250/10など

改修で消費する資材・装備
  • 消費資源   30/150/310/10
  • 消費改修資材 ~★6:1/1 ★6~:1/2
  • 消費開発資材 ~★6:2/3 ★6~:3/5
  • 消費装備   ★6~:九一式徹甲弾

特二式内火艇

装備ステータス(★MAX時上昇値)


火力+0(+3.16)
遠征報酬+1%(+0.2%)
砲台特効倍率 2.4(+0.8)

解説

陸地敵増加に伴い、今後も需要が見込まれる。
とくに集積棲姫への効果は絶大で、昼戦に駆逐艦の一撃で撃破できる恩恵は大きい。
また、他の陸上敵にも主砲/主砲/カミ車の夜連撃で大きなダメージを叩きだせることもある。
改修値に比例して効果が飛躍的に上昇するためなるべく★MAXにしておきたい。

★MAXまでの合計消費
  • 消費する改修資材 34/42(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する開発資材 62/78(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する装備   7.7mm機銃×12 12.7mm単装機銃×12(全成功時)

改修可能曜日
毎日改修可能
金土日月 伊58
水木金土 伊8
木金土日 伊401

装備の入手性
△量産には大型建造・牧場・上位更新などが必要
  • あきつ丸・阿武隈改二・大潮改二・鬼怒改二の初期装備である大発動艇を大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)に更新後、さらに更新で入手

改修で消費する資材・装備
  • 消費資源   80/90/100/70
  • 消費改修資材 ~★6:3/4 ★6~:4/6
  • 消費開発資材 ~★6:5/8 ★6~:8/12
  • 消費装備   ~★6:7.7mm機銃×2 ★6~:12.7mm単装機銃×3

61cm五連装(酸素)魚雷


装備ステータス(★MAX時上昇値)

雷装+3(昼雷撃戦時:+3.8 夜戦時:+3.16)
命中+1

解説

夜戦時の魚雷カットインおよび夜戦火力キャップを意識するなら是非改修を進めたい。
★6以降は同装備を消費するため北上・大井牧場(Lv50)の必要あり。
上位装備に「試製61cm六連装(酸素)魚雷」が存在するが、その装備の入手条件にこの装備の★MAXが必要で、入手数も限られている。
エンドコンテンツ色の強い装備だが、最低限として雷巡改二の持参してくる3本に★4までつけておきたい。

★MAXまでの合計消費
  • 消費する改修資材 30/46(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する開発資材 38/54(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する装備   61cm五連装(酸素)魚雷×4(全成功時)

改修可能曜日
水木 島風

装備の入手性
△量産には大型建造・牧場・上位更新などが必要
  • 北上改二・大井改二・木曾改二の初期装備

改修で消費する資材・装備
  • 消費資源   100/150/90/30
  • 消費改修資材 ~★6:3/5 ★6~:3/7
  • 消費開発資材 ~★6:3/4 ★6~:5/9
  • 消費装備   ★6~:61cm五連装(酸素)魚雷

九三式水中聴音機→四式水中聴音機

装備ステータス(四式水中聴音機)


対潜+12
命中+1

解説

先制対潜実装にともない重要度が増した。
この装備なしではLv99でも先制対潜できない艦も多いため重要度は高い。
改修更新時は担当する2番艦によって三式水中探儀と分岐するため留意しておきたい。

上位装備への更新までの合計消費
  • 消費する改修資材 20/30(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する開発資材 34/48(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する装備   九三式水中聴音機×4 三式水中探信儀×2(全成功時)

改修可能曜日

月木金  五十鈴改二
木金土日 時雨
金土日  夕張・香取

更新可能曜日
木金   五十鈴改二
木金土日 時雨
金土日  香取

※改修更新先が三式水中探儀と分岐するため注意。
更新時は二番艦を時雨・香取にすることでミスをを防ぐなど工夫しよう。

装備の入手性
○開発可能
  • レシピ 10/10/10/20など

改修で消費する資材・装備
  • 消費資源   10/0/30/30
  • 消費改修資材 ~★6:1/2 ★6~:2/3 更新:6/12
  • 消費開発資材 ~★6:2/2 ★6~:3/4 更新:10/20
  • 消費装備   ★6~:九三式水中聴音機 更新:三式水中探信儀×2

零式艦戦53型(岩本隊)

装備ステータス(★MAX時上昇値)


対空+12(+2)
索敵+1
命中+1
回避+3

解説

改修値★10まで上げることで対空値14相当となり、あの「震電改」の対空値15に次ぐ艦戦となる。
性能面の破格さに対してネジ消費は良心的な設定となっているため余裕ができたら是非とも改修を済ませておきたい。
ただし、消費装備として零式艦戦52型を計24機要するのでこまめに開発しておこう。

★MAXまでの合計消費
  • 消費する改修資材 34/42(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する開発資材 44/60(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する装備   零式艦戦52型×24(全成功時)

改修可能曜日
金土 瑞鶴

装備の入手性
× 入手手段が限られていて、一定数以上は入手不可
  • 任務「機種転換&部隊再編」達成後、一機のみ入手できる

改修で消費する資材・装備
  • 消費資源   120/120/0/280
  • 消費改修資材 ~★6:3/5 ★6~:4/6
  • 消費開発資材 ~★6:4/6 ★6~:5/9
  • 消費装備   ~★6:零式艦戦52型×2 ★6~:零式艦戦52型×3

零式水上偵察機→二式水戦改

装備ステータス(二式水戦改)

対空+3
対潜+1
索敵+1
命中+1
回避+2

解説

二式水戦改が改修による更新以外の入手法がないため、なるべく作っておきたい。
対空値に拘らなければ、Ro43水偵→Ro44水上戦闘機への更新で妥協もできる。
水戦を所持しておくと、空母以外の艦種に積んで制空値補助や空母なし編成での制空確保など戦略の幅が広がるので是非所持しておきたい。

上位装備への更新までの合計消費
  • 消費する改修資材 29/42(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する開発資材 53/71(確実化なし全成功時/★6以降確実化時)
  • 消費する装備   零式水上偵察機×6 零式艦戦21型×11(全成功時)

改修可能曜日
毎日改修可能
金土    千歳甲
水木    千代田甲
木金土日  秋津洲改
金土日月火 瑞穂

装備の入手性
○開発可能
  • レシピ 10/10/20/20など
  • ネームシップ軽巡・重巡など幅広いドロップ艦の初期装備として入手可能

改修で消費する資材・装備
  • 消費資源   90/20/0/300
  • 消費改修資材 ~★6:2/3 ★6~:3/5 更新:5/10
  • 消費開発資材 ~★6:4/6 ★6~:5/8 更新:9/15
  • 消費装備   ~★6:零式水上偵察機 ★6~:零式艦戦21型×2 更新:零式艦戦21型×3

まとめ

  • 更新目的の装備は早めに★MAXに
上位装備への更新が目的の「九三式水中聴音機」「零式水上偵察機」は★MAXを目指して短期集中で改修してしまいましょう。
とくに「四式水中聴音機」による先制対潜可能の増加は運用の幅が広まります。
  • 改修値の効果の大きい装備を把握する
「零式艦戦53型(岩本隊)」に関しても対空値上昇のラインが★5(対空+1)と★10(対空+2)のみとなるので、最低でも★5まではつけておきたいです。
また「特二式内火艇」も陸地相手限定ではありますが、改修による火力増加が大きいのでなるべく上げておきたいです。
  • その他の装備は必要に応じた改修値を
基本的な装備は改修値が上昇するほどコストに対する効果が小さくなるため、自艦隊の運用状況に合わせて改修計画を立てて行きましょう。
例えば、小口径主砲や中口径主砲は★1で「火力・命中+1」ですが、そこから「火力・命中+2」にするには★4まで上げなければなりません。
さらに「火力・命中+3」までは★9まで上げなければならず、装備によっては多大なコストを要します。
コストや使用機会に応じて、広く浅く上げるべき装備と★MAXまで上げたい装備を見極めましょう。
  • 大口径主砲は激戦区

今回は汎用性の高さで「38cm連装砲改」「試製41cm三連装砲」の2つを挙げました。
フィット砲の概念や、所持数の限られている「試製51連装砲」、射程:超長など、運用上のポイントも変わるので、艦隊状況に合わせた選択が大切です。

人気の記事

コメント

  1. 匿名 より:

    艦戦/水戦系の対空+★×0.2,爆戦系の対空+★×0.25はどちらも切り捨てなしで計算されます。